BarImage
よくある質問
まったくの初心者なのですが、大丈夫でしょうか?
問題ありません。M.プライヴィッツではアルファベットの発音、書き方、フォニックス(英語の音と綴りの規則)からスタートする生徒がほとんどです。またM.プライヴィッツは長年の指導を通して、初心者の生徒であっても楽しみながら英語の理解を深められる指導方法を培ってきました。英語の初心者であったり、英語に苦手意識があったとしても、抵抗を感じることなく、しっかりと学習効果を実感していただける英語塾です。
   
英会話と学校で学習する英語のどちらを教えているのですか?
M.プライヴィッツは、英会話も学校で学ぶ英語も根本的にはひとつのもの、同じ英語であるということを大切にしたいと考えています。例えば絵を描くときに、10色のクレヨンを持っているよりも20色のクレヨンを持っていた方がより細かく、豊かに対象を表現できるように、英語という言語を様々な切り口から理解し、実践することによって、コミュニケーションとして自己を表現することができる英語が身に付くのです。M.プライヴィッツでは、文法をしっかりと学び、それを使って話すトレーニングを積み、さらにネイティブ・スピーカーの話す英語を聞くことによって、日本語のように英語を使える力を身につけていただきます。
   
留学を予定しているのですが、どんな対策をしてくれますか?
M.プライヴィッツは、長年に渡って様々なかたちの留学もお手伝いしてきました。例えば語学学校への語学留学。語学学校では必ず始めにクラス分けテストがありますが、それは単純な話す力ではなく、文法の理解度、つまり、英語という言語の本質的な理解度を問うものがほとんどです。留学しているわけですから、会話を練習する機会はふんだんにあることでしょう。むしろ、語学学校で高度な授業をしっかりと受けることを可能にし、留学中の経験を実りあるものにするのは英語の「基礎体力」とも言える文法力です。M.プライヴィッツは、留学という体験を最大限に有意義なものにするために、確かな文法力が身につく指導を行っています。
   
学校の成績を上げてほしいのですが・・・
もちろんM.プライヴィッツは、生徒の学校の成績にも妥協することなく指導を行っています。しかし、「学校の英語」というものも英語という言語の一つの切り口であり、M.プライヴィッツが大切にしている「英語の本質を伝える授業」の様々なアプローチの中には、ダイレクトに学校の成績に反映されづらいものもあります。また、お子さんが入塾した際の状況や入塾してからのご本人の努力の仕方によって、学校の成績への反映され方には個人差がございます。一般的には、中学二年生くらいで入塾いただいた場合、三ヶ月ほどで英語の理解力が格段に高まり、その結果として学校での成績アップにもつながっている様です。
   
レッスンの形式はどのようなものですか?
レッスンの基本形式は3人〜5人のグループレッスンですが、常に一人一人の理解度を確認しながらすすめています。また英検、TOEICなどの資格試験対策や生徒の部活動等で必要な場合には、振り替えレッスンや追加のレッスンも行っています。
   
入会前にレッスンを体験できますか?
M.プライヴィッツの指導方法を最も分かりやすく感じていただける「英作文」のクラスをいつでもご見学いただけます。見学をご希望の際は、お気軽にお問い合わせください。